Tシャツに合わせづらいアイテムとその活用法のコツを紹介します!

着やすい衣類としてTシャツを愛用している方、近年ではかなり見かけます。
動きやすさや軽快さなどがやはり魅力的ですよね。しかし注意点としてTシャツに合わせづらいアイテムが
存在することを考えておかねばなりません。
今回は、Tシャツにどんなアイテムが合わせづらいのか、その対策はどうすればいいのかを紹介します。

・Tシャツに合わせづらいアイテムは?

Tシャツの良さを強調する大事なものとしてボトムスが挙げられますが、ボディラインがしっかりしてるジーンズ類がTシャツに合うのに対し
軽めのショートパンツやスカートはライン、シルエット共に弱い印象を与えがちです。
また、トータルファッション的にもややアンバランスに感じらやすいこともあります。
これらのアイテムが合わない理由としてスカートはTシャツから与えられる強調されたボディラインを壊してしまうことや
見映えが締まらないこと、
そして、軽めのパンツなどはTシャツと合わせると軽すぎて重力を感じさせない構築になってしまい
だらしなさに繋がってしまうことが挙げられます。

それに加えて同じようにシューズや帽子についてもTシャツに合うもの、合わないものが存在します。
軽めのキャップや運動靴はTシャツに合うのに対しブーツ類、ニット帽などは合わないことが多いです。
こちらの理由としてもやはり生地や作りによるアンバランスさがファッションの不和を生む原因となっています。
ブーツやニット帽など厚手だったりするアイテムはTシャツに対しては重すぎるんです。
こうしたTシャツに合わせづらいアイテムをTシャツと一緒にコーディネートするには一体どのような工夫をすれば良いのでしょうか。

・上着やスカーフ、マフラーなどのアイテムでシルエットやバランスを整える

上記のようにTシャツと合わせづらいアイテムを取り入れたい場合は
マフラーや上着などでシルエットの弱さを補うことでバランスが取りやすくなります。
例えばスカートをTシャツに合わせたい時は厚手の上着を被せるなど、スカートの広がりに対して上半身の輪郭を
しっかりつくる工夫がしてあれば良いでしょう。
薄めの生地のボトムの場合は多少ボトムにまで影響するような上着のほうが上半身と
下半身を違和感なく繋げてくれるのでおすすめです。
厚手の帽子類については、着けるべき季節が殆どは冬なのでマフラーや上着等でバランスを整えてみてください。

注意しておきたいのはあくまでこの場合Tシャツとアイテムを合わせるために他の装飾をつけたりするということ。
出来ることならTシャツの魅力を阻害しないようにコーディネートしてください。
上着を身に付ける場合でもプリント面を見せるなど見せたい部分を意識することが大事です。
これらのことを踏まえてトータルファッション的にもまとまりがあるように整えていきましょう。
ただし、冬の季節などにおいては重ね着により部位に厚みが出てしまったり体型が太く見えてしまったりもするので
前だけでなく後や斜めの見映えにも注意してください。

・個性的なボトムスに合わせたい場合はTシャツ選びも少し変わった工夫を

前述した通りスカートなどは軽さ、広がりなどの点でボディラインの出るTシャツとは相性が悪い傾向にあります。
しかし、もしボディラインがでないゆったりめのTシャツだったらどうでしょうか。
スリムさは多少失いますが代わりにやわらかいラインがTシャツからスカートにかけて作れるので
スカートの魅力もバッチリ出ます。
こうしたように個性的な魅力をもつボトムスにはTシャツもまた、合わせるチョイスをする必要が出てきます。
もちろん前項のように他のアイテムでシルエットを作っていけばさらにTシャツやボトムスの魅力が強調できますよ。

使い方次第ではいつもと変わったお洒落も楽しめるのでワンサイズ上のTシャツは揃えておいても良いかもしれません、
上記の効果に加えて皺を見せる着こなしもできますし、わざとアンダーを見せる時などにも綺麗に着崩せます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*