Tシャツのブランド物は一般的なTシャツとどこが違うの?

一度は目にするブランド物Tシャツ、一般的なTシャツとは値段がかなり違いますよね。
一体何故こんなにTシャツ間で価格が違うのか、どこが違うのか各視点から考えていきます。

・ブランド物Tシャツの価値はその内面にある

ブランド物だからといって特別な材質や丈夫に作ってあるということはあまりありません。
一部のものを除いては一般的なTシャツと同じような見映えや強度を持つでしょう。
ブランド物の、最も注目すべき点としてはそうした見える部分ではなく
見えない部分の編み込みなどによるフィット感や着心地の良さにあります。
ブランド物の殆どが着心地の快適さを考慮した作りのため職人などの技術が使用されていることが多々あり、
それが価値として評価されているわけです。

また、Tシャツに限らずブランド物が好まれる理由としてブランド物を揃える豊かさや余裕を目に見える形で
表せるということも挙げられます。
特に異性のお付き合いやパーティなどでは見た目でその財力がわかるので
愛用する人が多いです。お付き合いの場合は特にこうしたことも興味を持たれる基準にもなりやすいので
ブランドTシャツが活躍しやすいかもしれません。

もちろん服装自体を魅力的に見せれば自然にファッションの話題になりブランドについても
会話の種として話しやすくなり相手の自分へ興味を更に強めるきっかけにもなるはずです。
一般的にはこうしたことは男性が行いやすいイメージが有りますが、近年では服装のユニセックス化進みが男性でも女性でも着れるブランドが
増えてきたため、お互いそれぞれのブランド知識が共有しやすくなり女性からもブランド物でアプローチをかけやすくなりました。

・洗い方も気をつけるべき

ブランド物Tシャツは洗い方もしっかり気を付けなくてはいけません。
最初の項目で述べた通り編み込みがなされたりしているので洗濯機洗いでは傷みやすいです。
一般的Tシャツと同じ扱い方を続けていくと、着れなくなってしまいブランド物でもすぐに価値を失ってしまいます。

たとえネットをしていても些細な傷つきや細かい毛玉などは避けられません。
どうしても洗いたい場合は洗剤は自然成分のものを選び極力少なめに塗布しつつ一枚一枚丁寧に手洗いすべきです。
ただ、基本的にはクリーニングを専門店に依頼したほうが良いでしょう。
その方がダメージも抑えられますし何より確実です。
せっかくのブランドTシャツなのですから購入した際は
出来る限り汚さず長く品質をたもったまま着れるようにするのが一番です。

糸クズや毛玉など出来てしまった場合も自己流で取らずに専門店にケアしてもらった方が良いでしょう。
一度傷を付けてしまうと取り返しの付かないことに発展したりすることだってあるんです。
このようにブランド物は扱う手間がかかるため保管する人間の技量も問われます。
故に一部の人や財力や生活の余裕のある人に好まれやすいとされるんです。

また冬の季節においては静電気対策をする必要も出てくることでしょう。
保管状況も湿気などの関係上季節ごとに変えてもいいかもしれません。

・着こなし方はどうする?

同じブランド物同士のアイテムを合わせるのが基本です。
特に同じブランドのTシャッツとボトムはしっくりきやすいように作られていることも多いのでお勧めです。
工夫したいのであれば似たコンセプトのブランドを混ぜた着こなしをしても良いですね。
着こなしの注意するべき点としてはブランドTシャツの見せたい部分といえばそのブランド力なのですからそれに合う
ある程度のクオリティの高いアイテムでファッションを構築する必要があります。

この場合雰囲気の概念は特に重要なので安物のアイテムともし合わせる時はそのことを視野に入れて
気品のある仕上りにしていきましょう。ブランド物Tシャツを上着で隠したりなどせっかくの魅力が半減してしまうような着こなしは
しないようにしましょう。

もちろん値段が高い物同士でコーディネートしてもスタイルや方向性がバラバラになってしまっては意味がありません。
どんな個性があるのか、しっかり見極めてから着こなすという点は普通のTシャツと同じです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*