Tシャツに合わせやすいアイテムを紹介します!

若年層から熟年層まで数多くの人が着ているTシャツ、実はファッション的に
合わせやすいとされているアイテムがあるってご存じですか?
今回はそのアイテムやそれを交えた着こなしなどを考えていきます。

・定番とされているものから着こなしを考えよう

Tシャツに合う物で目にしやすいものとしてはデニムなどのジーンズ類の組み合わせが
よく見られますね。この組み合わせは春夏にかけて好む人が多く
今や定番の格好とも言われています。
合わせやすい理由としてはデニムの力強さを感じさせる作りがTシャツの活発さを
補助しているということが挙げられるでしょう。
加えてTシャツは運動的なイメージが強いアイテムですので同じ動きやすさや活発さを
表すデニムとは動的イメージをさらに強くする意味で理論的にも効果的といわれています。

またTシャツとスウェットパンツ、ジャージという組み合わせも見かけることが多い部類とされています。
こちらはデニムよりスポーティさが目立つ印象ですがTシャツを合わせることで運動面だけでなくカジュアルさも
揃えているというのが特徴です。そのため公共の場所で着ても違和感がない格好でもあります。

これら二つの着こなし例に共通する物はやはり動きやすい印象を持つもの同士、つまり似た属性のアイテムを組み合わせているということ。
方向性がしっかり定まっているファッションなので着こなしも美しくなり形に無駄がないんです。
このことからTシャツは活発的な印象を持つものに合いやすいと言えますし、逆に言えば運動的でないものは
合わせづらいといえるでしょう。レディースならばスカートがそれに当たります、しかし上着などのアイテムでシルエットやボディラインを
調整できますので工夫次第では良いファッションが作れます。

近年ではメンズはダンディさやカッコよさに加えて
やわらかさやスマートさが好まれていますし、レディースの場合は純粋な可愛らしさから
ギャル系、セクシー系を経てワイルドさの分野まで流行するようになりました。
そのためTシャツの着こなしも基本的なものから変化してきているので流行に合わせる形が無難でしょう。

また、帽子やシューズなどのアイテムもTシャツと合わせると効果を発揮しやすいものが多いです。
この際の注意点としては上記の服装のようにTシャツと似た系統で合わせることが重要になります。
帽子の場合でいえば薄い布地のTシャツに合わせるには軽めのキャップのほうが合わせやすいでしょう。
厚い生地のニット帽などは着る方の体格や格好にもよりますがパーカーなど同じく厚めに
見える服装のほうが似合いやすい傾向にあります。

シューズの場合も同様でTシャツに合わせるなら動的や軽装感のある軽めのシューズや運動靴が良いでしょう。
足の部分は意外に目に入りやすい部分であることもポイントです、向こうから人が来た時や離れて行く時に
どうしても視点に入りやすいのでお洒落のしがいがある部分でもあります。
レディースの場合、ブーツやヒール要素のあるもの、厚手の靴などはボディと靴のラインがアンバランスになりやすいです。
サンダルは軽装的で動きやすい格好ですが素足を見せるということが調和を崩しやすいため
履くのに自然な気温が高い季節に限り使うと良いでしょう。

こうして考えるとやはりシルエットやボディライン、そして性質の統一性がファッションにおいて重要ということになります。
そしてTシャツはそのスタイルを決める指針となりやすいものなので意識して選んでいきたいですね。
もちろん流行は次々に変わるものなので今でも通常では考えられないような新しいファッションが生まれているかもしれません。
情報や流行を聞き逃さないようにして魅力的な着こなしをしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*