0年 0月 の投稿一覧

簡単にできるTシャツの皺対策を紹介します!

ふと着てみたいTシャツが皺だらけだった、またはアイロンを掛けてもどうしても
皺ができてしまう。そういった経験はありませんか?
実は簡単な工夫をするだけで皺ができなくなるんです。
今回はTシャツの皺対策として効果的な方法をお伝えします。

・皺対策には干し方も重要

基本的にはアイロンをかけることにより皺は大分取れますが
そこに至るまでにある程度予防しておくことも大事です。
そこで干し方から考えていきます。

干す場合には出来るだけ広げて日光に当てていきましょう。
脱水して水分も十分に切っておかないと、たるみがでて皺になりやすいです。
皺が出てしまう多くの場合はここで水分を残したまま乾かしていることが殆どなので
まずはこの部分から気をつけていきましょう。
また日光に当たる角度もTシャツ全体が満遍なく日に当たるように工夫すると
ムラがなくパリッと乾きます。

物干し竿で干したりハンガーで干したり家庭によってTシャツの干し方は変わってきますが
前述したとおり水分を切ってしっかり広げて乾燥させることが出来るなら
どの干し方でも問題ありません。

・ハンガーにかけて保管しておくと皺ができにくい

折りたたんで仕舞うと収納の面で便利ですが皺ができやすいので
すぐ着ようと引っ張りだしても着れないことが多いです。
着て行くたびにアイロンをかけなくてはいけないのは大分手間ですよね。

こうした皺による手間を防ぐためにハンガーで収納する方法をお勧めします。
ハンガーにかければ皺もなく着たい時にすぐ手に取りやすいですし
何よりたたむ手間もかかりません。着たい時に引っ張り出してもすぐ着ることが出来ます。
もし、多くの衣類をハンガーにかけるスペースがない場合は
季節の服装やお気に入りの衣類だけでもハンガーにかけておけば良いでしょう。
それだけでも皺対策としては十分です。

もちろんカビ対策や虫食い対策として風の通り道を作ったり防虫剤を置いたりなどの
工夫も忘れずにしてください。特に梅雨の時期などは湿気が強いので
事前に対策意識を持っておくと良いでしょう。

・アイロンで仕上げよう

仕上げはやはりアイロンがけです。
最初の項で紹介した干し方がしっかり出来ているならばそこまでの皺はないはずですが
ここでまばらにアイロンがけをしてしまうとまた皺ができてしまいます。
アイロンがけをする時のコツは端から端へ空気を抜くように丁寧に行っていくこと、
アイロン自体が小さい場合も皺を残しやすいので先端のヘリを回転させて
広範囲にしっかり熱を与えていきます。

細かい皺が出来やすいTシャツや計算されているTシャツも中には存在するので
そうした魅力は出来るだけ無くさないようにアイロンがけをしましょう。
気になる部分がある場合はあまり神経質になって何度もやらずに時間を置いたり
再度洗ってみたりしてください。

・皺が少ない生地のTシャツを選ぶ

もしもどうしても皺が気になるのでしたら
皺が出来にくい生地のTシャツを選ぶというのも1つの手です。
伸縮性の強い生地やフィット感を売りにしたTシャツは特に
皺になりにくくおすすめです。
また、こうしたTシャツは着こなしの面においても
スリムにも見えやすいのでスタイリッシュさを売りにするスタイルなど
数多くの工夫がしやすいので揃えておいても邪魔にはならないでしょう。

たたんで出来る皺やアイロンがけで出来てしまった皺など悩みの種になることが
多い皺問題ですが対処をした後に着こなして出来る皺はTシャツの美しさを表す部分でもあります。
素敵な皺を見せる着こなしをするためにも、紹介したようにしっかり干し方の工夫やアイロンがけをして
皺対策をしてみてください。

Tシャツに合わせやすいアイテムを紹介します!

若年層から熟年層まで数多くの人が着ているTシャツ、実はファッション的に
合わせやすいとされているアイテムがあるってご存じですか?
今回はそのアイテムやそれを交えた着こなしなどを考えていきます。

・定番とされているものから着こなしを考えよう

Tシャツに合う物で目にしやすいものとしてはデニムなどのジーンズ類の組み合わせが
よく見られますね。この組み合わせは春夏にかけて好む人が多く
今や定番の格好とも言われています。
合わせやすい理由としてはデニムの力強さを感じさせる作りがTシャツの活発さを
補助しているということが挙げられるでしょう。
加えてTシャツは運動的なイメージが強いアイテムですので同じ動きやすさや活発さを
表すデニムとは動的イメージをさらに強くする意味で理論的にも効果的といわれています。

またTシャツとスウェットパンツ、ジャージという組み合わせも見かけることが多い部類とされています。
こちらはデニムよりスポーティさが目立つ印象ですがTシャツを合わせることで運動面だけでなくカジュアルさも
揃えているというのが特徴です。そのため公共の場所で着ても違和感がない格好でもあります。

これら二つの着こなし例に共通する物はやはり動きやすい印象を持つもの同士、つまり似た属性のアイテムを組み合わせているということ。
方向性がしっかり定まっているファッションなので着こなしも美しくなり形に無駄がないんです。
このことからTシャツは活発的な印象を持つものに合いやすいと言えますし、逆に言えば運動的でないものは
合わせづらいといえるでしょう。レディースならばスカートがそれに当たります、しかし上着などのアイテムでシルエットやボディラインを
調整できますので工夫次第では良いファッションが作れます。

近年ではメンズはダンディさやカッコよさに加えて
やわらかさやスマートさが好まれていますし、レディースの場合は純粋な可愛らしさから
ギャル系、セクシー系を経てワイルドさの分野まで流行するようになりました。
そのためTシャツの着こなしも基本的なものから変化してきているので流行に合わせる形が無難でしょう。

また、帽子やシューズなどのアイテムもTシャツと合わせると効果を発揮しやすいものが多いです。
この際の注意点としては上記の服装のようにTシャツと似た系統で合わせることが重要になります。
帽子の場合でいえば薄い布地のTシャツに合わせるには軽めのキャップのほうが合わせやすいでしょう。
厚い生地のニット帽などは着る方の体格や格好にもよりますがパーカーなど同じく厚めに
見える服装のほうが似合いやすい傾向にあります。

シューズの場合も同様でTシャツに合わせるなら動的や軽装感のある軽めのシューズや運動靴が良いでしょう。
足の部分は意外に目に入りやすい部分であることもポイントです、向こうから人が来た時や離れて行く時に
どうしても視点に入りやすいのでお洒落のしがいがある部分でもあります。
レディースの場合、ブーツやヒール要素のあるもの、厚手の靴などはボディと靴のラインがアンバランスになりやすいです。
サンダルは軽装的で動きやすい格好ですが素足を見せるということが調和を崩しやすいため
履くのに自然な気温が高い季節に限り使うと良いでしょう。

こうして考えるとやはりシルエットやボディライン、そして性質の統一性がファッションにおいて重要ということになります。
そしてTシャツはそのスタイルを決める指針となりやすいものなので意識して選んでいきたいですね。
もちろん流行は次々に変わるものなので今でも通常では考えられないような新しいファッションが生まれているかもしれません。
情報や流行を聞き逃さないようにして魅力的な着こなしをしましょう。

オリジナルTシャツを含むTシャツ類はいつまで着れる?

今人気を博しているオリジナルTシャツや市販のTシャツ、制作や購入した後一体いつまで着れるのでしょうか?
生地や洗い方など各視点から考えてみました。また、どうしたら長く着れるのかということにも
触れていきますので参考にしてみてください。

・生地や用途によって着れる長さが異なる

オリジナルTシャツは業者によって生地素材選びが様々です、自分で選択する場合もあれば
決められている生地素材で作ることもあるでしょう。そのためいつまで着れるのかという
部分もそこから判断しやすいのであらかじめそれを踏まえて決めると良いでしょう。

基本的にはしっかりした生地のものは劣化も遅く長く着れます。
しかし、その分Tシャツとしては厚手のものになりやすいで注意してください。
市販の物ならばスポーツで使うTシャツなどがそれに当たるのでオリジナルTシャツを作る際はそれらを生地の
参考にしてはいかがでしょうか。

汗を吸収しやすいものなどは汗に交じる老廃物や油の関係で
菌が増殖しやすく痛むスピードも早いです。
長く着たいのであれば除菌や丁寧な洗浄は必須です。
そのため汗が発生しやすい夏の季節はまさにTシャツの劣化しやすい季節といえます。
特に汗をかきやすい場所は集中してしまうので場合によってその部位だけ穴が空いたりしてしまい
そこから更に劣化が進むこともありえます。

また市販のブランドTシャツなどに対して高価なものだから丈夫で長く着れるといった考えは避けましょう。
編みこみや質感などを重視した特殊なものは値段も高いですが
その繊細な作り方をしている分強度はあまりなく
一般的なものよりも傷みやすい場合もあります。
もしも、大事なTシャツで長く着ることを望むならば
出来るだけ汚さずあまり洗わないことも考えなくてはなりません。
洗浄するという行為もやはり少しづつ劣化する原因に繋がるんです。
その場合は少しだけ着て他の物に着替えるなど一日単位で着るのではなくて
その時その場所のイベント時だけなど場面単位で着ると良いでしょう。

・洗い方によってはプリント部分の劣化が早くなる可能性も

オリジナルTシャツは自身がデザインしたプリントも魅力の1つですが
洗い方によっては色が落ちてしまうこともあります。
この対処法としてはTシャツをネットに入れて洗い痛みを減らしたり
Tシャツを裏返しにすることでプリント面を傷つけなくすると対策としてはばっちりです。

また漬け置きなどは時間次第では傷みやすくなるので注意しておきましょう。
洗剤についても、出来るだけ生地素材を傷めないものを使うことが
Tシャツを長く着れることに繋がります。
浸透しやすい液体洗剤を選ぶことも重要です。

もし少しでもTシャツの痛みが気になるようでしたら手間はかかりますが一枚一枚手洗いをしていけば
多少の劣化は緩和できます。
シミ等がある場合もこすらないで専用の洗剤やお湯を使うなどTシャツのことを考えて丁寧なケアをしましょう。
特に汚れは神経質にならず根気的に付き合うことが大事です。

・保存の仕方

仕舞っているうちにTシャツが傷んでカビ臭くて着れないという現象は割りと起きやすいです。
この問題には虫や湿気などにそれぞれ対策しておくことや通気性のよい場所での保管をしておくことで
対処します。
虫食いなどは一度起きてしまうと場合によってはもう着られないことも十分ありえるので
起きやすい季節、温度を事前にチェックしておくことが求められるでしょう。

また、畳むことで少ないスペースに多く整理できますが、ハンガーでかけて保管する方式だと
皺や風通しの問題が起こりづらいので利点に合わせて方法を使い分けることをお勧めします。
よく着るものはハンガーを、着ないものは畳んでいくとすぐ着たい時でも取り出しやすいかもしれません。

Tシャツに合わせづらいアイテムとその活用法のコツを紹介します!

着やすい衣類としてTシャツを愛用している方、近年ではかなり見かけます。
動きやすさや軽快さなどがやはり魅力的ですよね。しかし注意点としてTシャツに合わせづらいアイテムが
存在することを考えておかねばなりません。
今回は、Tシャツにどんなアイテムが合わせづらいのか、その対策はどうすればいいのかを紹介します。

・Tシャツに合わせづらいアイテムは?

Tシャツの良さを強調する大事なものとしてボトムスが挙げられますが、ボディラインがしっかりしてるジーンズ類がTシャツに合うのに対し
軽めのショートパンツやスカートはライン、シルエット共に弱い印象を与えがちです。
また、トータルファッション的にもややアンバランスに感じらやすいこともあります。
これらのアイテムが合わない理由としてスカートはTシャツから与えられる強調されたボディラインを壊してしまうことや
見映えが締まらないこと、
そして、軽めのパンツなどはTシャツと合わせると軽すぎて重力を感じさせない構築になってしまい
だらしなさに繋がってしまうことが挙げられます。

それに加えて同じようにシューズや帽子についてもTシャツに合うもの、合わないものが存在します。
軽めのキャップや運動靴はTシャツに合うのに対しブーツ類、ニット帽などは合わないことが多いです。
こちらの理由としてもやはり生地や作りによるアンバランスさがファッションの不和を生む原因となっています。
ブーツやニット帽など厚手だったりするアイテムはTシャツに対しては重すぎるんです。
こうしたTシャツに合わせづらいアイテムをTシャツと一緒にコーディネートするには一体どのような工夫をすれば良いのでしょうか。

・上着やスカーフ、マフラーなどのアイテムでシルエットやバランスを整える

上記のようにTシャツと合わせづらいアイテムを取り入れたい場合は
マフラーや上着などでシルエットの弱さを補うことでバランスが取りやすくなります。
例えばスカートをTシャツに合わせたい時は厚手の上着を被せるなど、スカートの広がりに対して上半身の輪郭を
しっかりつくる工夫がしてあれば良いでしょう。
薄めの生地のボトムの場合は多少ボトムにまで影響するような上着のほうが上半身と
下半身を違和感なく繋げてくれるのでおすすめです。
厚手の帽子類については、着けるべき季節が殆どは冬なのでマフラーや上着等でバランスを整えてみてください。

注意しておきたいのはあくまでこの場合Tシャツとアイテムを合わせるために他の装飾をつけたりするということ。
出来ることならTシャツの魅力を阻害しないようにコーディネートしてください。
上着を身に付ける場合でもプリント面を見せるなど見せたい部分を意識することが大事です。
これらのことを踏まえてトータルファッション的にもまとまりがあるように整えていきましょう。
ただし、冬の季節などにおいては重ね着により部位に厚みが出てしまったり体型が太く見えてしまったりもするので
前だけでなく後や斜めの見映えにも注意してください。

・個性的なボトムスに合わせたい場合はTシャツ選びも少し変わった工夫を

前述した通りスカートなどは軽さ、広がりなどの点でボディラインの出るTシャツとは相性が悪い傾向にあります。
しかし、もしボディラインがでないゆったりめのTシャツだったらどうでしょうか。
スリムさは多少失いますが代わりにやわらかいラインがTシャツからスカートにかけて作れるので
スカートの魅力もバッチリ出ます。
こうしたように個性的な魅力をもつボトムスにはTシャツもまた、合わせるチョイスをする必要が出てきます。
もちろん前項のように他のアイテムでシルエットを作っていけばさらにTシャツやボトムスの魅力が強調できますよ。

使い方次第ではいつもと変わったお洒落も楽しめるのでワンサイズ上のTシャツは揃えておいても良いかもしれません、
上記の効果に加えて皺を見せる着こなしもできますし、わざとアンダーを見せる時などにも綺麗に着崩せます。

Tシャツのブランド物は一般的なTシャツとどこが違うの?

一度は目にするブランド物Tシャツ、一般的なTシャツとは値段がかなり違いますよね。
一体何故こんなにTシャツ間で価格が違うのか、どこが違うのか各視点から考えていきます。

・ブランド物Tシャツの価値はその内面にある

ブランド物だからといって特別な材質や丈夫に作ってあるということはあまりありません。
一部のものを除いては一般的なTシャツと同じような見映えや強度を持つでしょう。
ブランド物の、最も注目すべき点としてはそうした見える部分ではなく
見えない部分の編み込みなどによるフィット感や着心地の良さにあります。
ブランド物の殆どが着心地の快適さを考慮した作りのため職人などの技術が使用されていることが多々あり、
それが価値として評価されているわけです。

また、Tシャツに限らずブランド物が好まれる理由としてブランド物を揃える豊かさや余裕を目に見える形で
表せるということも挙げられます。
特に異性のお付き合いやパーティなどでは見た目でその財力がわかるので
愛用する人が多いです。お付き合いの場合は特にこうしたことも興味を持たれる基準にもなりやすいので
ブランドTシャツが活躍しやすいかもしれません。

もちろん服装自体を魅力的に見せれば自然にファッションの話題になりブランドについても
会話の種として話しやすくなり相手の自分へ興味を更に強めるきっかけにもなるはずです。
一般的にはこうしたことは男性が行いやすいイメージが有りますが、近年では服装のユニセックス化進みが男性でも女性でも着れるブランドが
増えてきたため、お互いそれぞれのブランド知識が共有しやすくなり女性からもブランド物でアプローチをかけやすくなりました。

・洗い方も気をつけるべき

ブランド物Tシャツは洗い方もしっかり気を付けなくてはいけません。
最初の項目で述べた通り編み込みがなされたりしているので洗濯機洗いでは傷みやすいです。
一般的Tシャツと同じ扱い方を続けていくと、着れなくなってしまいブランド物でもすぐに価値を失ってしまいます。

たとえネットをしていても些細な傷つきや細かい毛玉などは避けられません。
どうしても洗いたい場合は洗剤は自然成分のものを選び極力少なめに塗布しつつ一枚一枚丁寧に手洗いすべきです。
ただ、基本的にはクリーニングを専門店に依頼したほうが良いでしょう。
その方がダメージも抑えられますし何より確実です。
せっかくのブランドTシャツなのですから購入した際は
出来る限り汚さず長く品質をたもったまま着れるようにするのが一番です。

糸クズや毛玉など出来てしまった場合も自己流で取らずに専門店にケアしてもらった方が良いでしょう。
一度傷を付けてしまうと取り返しの付かないことに発展したりすることだってあるんです。
このようにブランド物は扱う手間がかかるため保管する人間の技量も問われます。
故に一部の人や財力や生活の余裕のある人に好まれやすいとされるんです。

また冬の季節においては静電気対策をする必要も出てくることでしょう。
保管状況も湿気などの関係上季節ごとに変えてもいいかもしれません。

・着こなし方はどうする?

同じブランド物同士のアイテムを合わせるのが基本です。
特に同じブランドのTシャッツとボトムはしっくりきやすいように作られていることも多いのでお勧めです。
工夫したいのであれば似たコンセプトのブランドを混ぜた着こなしをしても良いですね。
着こなしの注意するべき点としてはブランドTシャツの見せたい部分といえばそのブランド力なのですからそれに合う
ある程度のクオリティの高いアイテムでファッションを構築する必要があります。

この場合雰囲気の概念は特に重要なので安物のアイテムともし合わせる時はそのことを視野に入れて
気品のある仕上りにしていきましょう。ブランド物Tシャツを上着で隠したりなどせっかくの魅力が半減してしまうような着こなしは
しないようにしましょう。

もちろん値段が高い物同士でコーディネートしてもスタイルや方向性がバラバラになってしまっては意味がありません。
どんな個性があるのか、しっかり見極めてから着こなすという点は普通のTシャツと同じです。